これらのサイトのクライアント証明書を自動的に選択する

URL パターンのリストを指定して、サイトから証明書をリクエストされた場合に Google Chrome でクライアント証明書を自動的に選択する必要があるサイトを指定できます。

値は文字列変換した JSON 辞書の配列で指定する必要があります。各辞書は { "pattern": "$URL_PATTERN", "filter" : $FILTER } の形式で指定します。$URL_PATTERN でコンテンツ設定パターンを指定し、$FILTER でブラウザが自動的に選択するクライアント証明書の発行元を指定します。なお、フィルタの設定に関わらず、選択される証明書はサーバーの証明書リクエストに一致するもののみとなります。$FILTER を { "ISSUER": { "CN": "$ISSUER_CN" } } の形式で指定すると、CommonName $ISSUER_CN が発行したクライアント証明書のみが選択されます。$FILTER が空の辞書 {} の場合は、クライアント証明書の選択にこうした条件は適用されません。

このポリシーを未設定のままにすると、どのサイトについても証明書の自動選択は行われません。

サポートされるバージョン: Microsoft Windows XP SP2 以降
これらのサイトのクライアント証明書を自動的に選択する

Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\Chrome\AutoSelectCertificateForUrls
Value Name{number}
Value TypeREG_SZ
Default Value

chrome.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)