ユーザーが有効または無効にできるプラグインのリストを指定する

ユーザーが Google Chrome で有効または無効にできるプラグインのリストを指定します。

「*」と「?」はワイルドカード文字で、照合の際に任意の文字数の文字列に相当するものとして使用できます。「*」は任意の数の文字、「?」は 1 文字以下(つまり 0 文字か 1 文字)の照合に使用します。エスケープ文字は「\」です。「*」、「?」、または「\」を実際の文字として使用したい場合は、その直前に「\」を挿入します。

この設定を有効にすると、指定したプラグインのリストを Google Chrome で使用できるようになります。ユーザーは、プラグインが DisabledPlugins 内のパターンに一致する場合でも、「about:plugins」でそのプラグインを有効または無効にできます。また、DisabledPlugins、DisabledPluginsExceptions、EnabledPlugins 内のパターンに一致しないプラグインについても有効または無効にできます。

このポリシーを使用することで、プラグインの厳格なブラックリストを作成できます。たとえば、「DisabledPlugins」リストにすべてのプラグインを無効にする「*」やすべての Java プラグインを無効にする「*Java*」などのワイルドカード エントリが含まれている場合でも、特定のバージョン(たとえば「IcedTea Java 2.3」)のみを有効にしたい場合はこのポリシーに指定することで有効にできます。

プラグイン名とプラグインのグループ名の両方を除外する必要がありますので注意してください。各プラグイン グループは、about:plugins 内の別々のセクションとして記述されています。1 つのセクションには 1 つ以上のプラグインが含まれています。たとえば、「Shockwave Flash」プラグインは「Adobe Flash Player」グループに含まれており、ブラックリストから除外するには両方の名前が例外リストのエントリと一致する必要があります。

このポリシーが未設定の場合、「DisabledPlugins」のパターンに一致するプラグインはすべて無効に固定され、ユーザーはこれらのプラグインを有効にできなくなります。

サポートされるバージョン: Microsoft Windows XP SP2 以降
無効なプラグインのリストに対する例外のリスト

Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\Chrome\DisabledPluginsExceptions
Value Name{number}
Value TypeREG_SZ
Default Value

chrome.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)