使用状況とクラッシュ関連データのレポートを有効にする

Google Chrome の使用状況と障害関連のデータを匿名で Google に報告し、ユーザーがこの設定を変更できないようにします。

この設定を有効にすると、使用状況と障害関連のデータが匿名で Google に
送信されます。この設定を無効にすると送信されません。どちらの場合でも、
ユーザーがこの設定を変更したり上書きしたりすることはできません。
このポリシーが未設定の場合は、ユーザーがインストール時または最初の
実行時に選択した内容が適用されます。

このポリシーは、Active Directory ドメインに登録されていない Windows インスタンス
では使用できません(Chrome OS については、
DeviceMetricsReportingEnabled をご覧ください)。

サポートされるバージョン: Microsoft Windows XP SP2 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\Chrome\Recommended
Value NameMetricsReportingEnabled
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

chrome.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)