PAC URL データ除去を有効にする(https:// の場合)

プロキシ解決の際、Google Chrome で使用する PAC(プロキシ自動設定)スクリプトに https:// URL を渡す前に、URL からプライバシーやセキュリティに関連する機密情報を削除します。

True に設定した場合、このセキュリティ機能が有効になり、
PAC スクリプトに送信する前に https:// URL を削除します。
これにより、PAC スクリプトは暗号化されたチャネルで通常保護されるデータ
(URL のパスとクエリなど)を表示できなくなります。

False に設定した場合、このセキュリティ機能は無効になり、PAC スクリプトに
https:// URL の全要素を表示する権限が非明示的に付与されます。
この設定は、送信元に関わらずすべての PAC スクリプト(保護されていない
通信経路で取得されたスクリプトや WPAD により安全でない方法で検出された
スクリプトなど)に適用されます。

デフォルトでは True に設定されています(セキュリティ機能は有効です)。ただし、
Chrome OS の企業ユーザーの場合は、現在のところデフォルトで False に
設定されています。

このポリシーは True に設定することをおすすめします。既存の PAC スクリプトと
互換性の問題が生じる場合に限り、False に設定します。

将来的にこのオーバーライドは削除される予定です。

サポートされるバージョン: Microsoft Windows XP SP2 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Google\Chrome
Value NamePacHttpsUrlStrippingEnabled
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

chrome.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)