パスの除外項目

このポリシー設定を使用すると、指定したパスのファイル、または指定した完全修飾リソースに対する定期スキャンとリアルタイム スキャンを無効にすることができます。 パスは、この設定の [オプション] の下に追加してください。 各項目は、名前と値のペアとしてリストに追加します。この名前は、パスまたは完全修飾リソース名を表す文字列です。 たとえば、パスを "c:\Windows" と定義すると、このディレクトリ内のすべてのファイルを除外できます。 また、完全修飾リソース名は "C:\Windows\App.exe" と定義できます。 この値は、使用されないため、0 に設定することをお勧めします。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Microsoft Antimalware\Exclusions
Value Nameexclusions_paths
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

パスの除外項目

Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Microsoft Antimalware\Exclusions\Paths
Value Name{number}
Value TypeREG_SZ
Default Value

fep2010.admx

管理用テンプレート (コンピューター)