プロセスの除外項目

このポリシー設定を使用すると、指定したプロセスで開かれたすべてのファイルに対する定期スキャンとリアルタイム スキャンを無効にすることができます。 このプロセス自体は除外されません。 プロセスを除外するには、パスの除外項目を使用します。 プロセスは、この設定の [オプション] の下に追加してください。 各項目は、名前と値のペアとしてリストに追加します。この名前は、プロセス イメージへのパスを表す文字列です。 除外できるのは、実行可能ファイルのみです。 たとえば、プロセスを "c:\windows\app.exe" と定義できます。 この値は、使用されないため、0 に設定することをお勧めします。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Microsoft Antimalware\Exclusions
Value Nameexclusions_processes
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

プロセスの除外項目

Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Microsoft Antimalware\Exclusions\Processes
Value Name{number}
Value TypeREG_SZ
Default Value

fep2010.admx

管理用テンプレート (コンピューター)