マルウェア対策サービスの通常の優先順位でのスタートアップを許可

このポリシー設定で、マルウェア対策サービスの読み込み優先順位を制御します。 読み込み優先順位を上げると、サービスのスタートアップ時間が短縮されますが、パフォーマンスに影響する場合があります。

この設定を有効にした場合、または構成していない場合は、マルウェア対策サービスが、通常の優先順位のタスクとして読み込まれます。

この設定を無効にした場合は、マルウェア対策サービスが、低い優先順位のタスクとして読み込まれます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Microsoft Antimalware\
Value NameAllowFastServiceStartup
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

fep2010.admx

管理用テンプレート (コンピューター)