スケジュールされたタスク時間をランダム化

このポリシー設定を使用すると、スケジュールされたスキャン開始時間と、スケジュールされた定義更新開始時間のランダム化を有効または無効にすることができます。 この設定は、スキャンによるリソースへの影響を分散させるために使用します。 たとえば、ホストを共有するゲスト仮想マシンで使用すると、複数のゲスト仮想マシンが、多くのディスク領域を使用する操作を同時に行うことを防止できます。

この設定を有効にした場合、または構成していない場合は、スケジュールされたタスクが、指定した時間の前後 30 分以内のランダムな時間に開始されます。

この設定を無効にした場合は、スケジュールされたタスクが、指定した開始時間に開始されます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Microsoft Antimalware\
Value NameRandomizeScheduleTaskTimes
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

fep2010.admx

管理用テンプレート (コンピューター)