マルウェア対策サービスの常時実行を許可

このポリシー設定を使用すると、ウイルス対策およびスパイウェア対策の定義が無効の場合もマルウェア対策サービスを実行中のままにするかどうかを構成できます。 この設定は、無効にしておくことをお勧めします。

この設定を有効にした場合は、ウイルス対策およびスパイウェア対策の定義が両方とも無効の場合でも、マルウェア対策サービスが実行中のままになります。

この設定を無効にした場合、または構成していない場合は、ウイルス対策およびスパイウェア対策の定義が両方とも無効のときに、マルウェア対策サービスは停止します。 コンピューターを再起動した場合は、このサービスに自動スタートアップが設定されていれば、サービスが開始されます。 サービスが開始された後に、ウイルス対策およびスパイウェア対策の定義が有効かどうかがチェックされます。 少なくともどちらかの定義が有効であれば、サービスは実行中のままになります。 両方とも無効の場合は、サービスは停止します。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Microsoft Antimalware\
Value NameServiceKeepAlive
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

fep2010.admx

管理用テンプレート (コンピューター)