定義の廃棄を有効化

このポリシー設定を使用すると、既に知られている脆弱性の悪用に対するネットワーク保護のための定義の廃棄を構成できます。 定義の廃棄では、特定の脆弱性に対して保護するためにコンピューターに必要なセキュリティ更新プログラムがあるかどうかがチェックされます。 定義によって検出された悪用に対する脆弱性がシステムにない場合は、その定義が "廃棄" されます。 特定のプロトコルの定義がすべて廃棄された場合、そのプロトコルは解析されなくなります。 この機能を有効にすると、パフォーマンスの向上に役立ちます。 最新のセキュリティ更新プログラムがすべてインストールされているコンピューターでは、ネットワークのパフォーマンスがネットワーク保護の影響を受けることはありません。

この設定を有効にした場合、または構成していない場合は、定義の廃棄が有効になります。

この設定を無効にした場合は、定義の廃棄が無効になります。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Microsoft Antimalware\NIS\Consumers\IPS
Value NameDisableSignatureRetirement
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value0
Disabled Value1

fep2010.admx

管理用テンプレート (コンピューター)