ウイルス定義が有効期限切れと見なされるまでの経過日数を定義

このポリシー設定を使用すると、ウイルス定義が有効期限切れと見なされるまでに経過する必要のある日数を定義できます。 定義が有効期限切れであると判断された場合、この状態により、いくつかの追加動作が引き起こされる可能性があります。たとえば、以前の更新プログラムの取得元から再度取得したり、ユーザー インターフェイスに警告アイコンが表示されたりします。 既定では、この値が 14 日に設定されます。

この設定を有効にした場合は、ウイルス定義が更新されることなく、指定した日数が経過した後に有効期限切れと見なされます。

この設定を無効にした場合、または構成していない場合は、ウイルス定義が更新されることなく、既定の日数が経過した後に有効期限切れと見なされます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
ウイルス定義が有効期限切れと見なされるまでの経過日数を定義

Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Microsoft Antimalware\Signature Updates
Value NameAVSignatureDue
Value TypeREG_DWORD
Default Value14
Min Value0
Max Value4294967295

fep2010.admx

管理用テンプレート (コンピューター)