Microsoft SpyNet へのレポートに基づくリアルタイムの定義の更新を許可

このポリシー設定を使用すると、Microsoft SpyNet に送信されたレポートに対応して、リアルタイムで定義を更新できるようになります。 サービスが不明なファイルをレポートし、最新の定義の更新プログラムに、そのファイルに関する脅威が定義されていることが Microsoft SpyNet でわかった場合は、サービスが直ちに、その脅威に関する最新の定義をすべて受信します。 この機能を利用するには、コンピューターを構成して Microsoft SpyNet に参加しておく必要があります。

この設定を有効にした場合、または構成していない場合は、リアルタイムの定義の更新が有効になります。

この設定を無効にした場合は、リアルタイムの定義の更新が無効になります。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Microsoft Antimalware\Signature Updates
Value NameRealTimeSignatureDelivery
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

fep2010.admx

管理用テンプレート (コンピューター)