Microsoft SpyNet に参加

このポリシー設定を使用すると、Microsoft SpyNet に参加できます。 Microsoft SpyNet は、考えられる脅威への対処方法を選択するのに役立つオンライン コミュニティです。 このコミュニティは、新しい悪意のあるソフトウェアへの感染拡大の防止にも役立ちます。

検出されたソフトウェアに関する基本情報と詳細情報のいずれかを送信できます。 詳細情報を送信すると、コンピューターを保護するための新しい定義を Microsoft が作成するために役立ちます。 この情報には、有害なソフトウェアが削除された場合にコンピューター上で項目が検出された場所などが含まれる場合があります。 情報は自動的に収集され、送信されます。 このとき、誤って個人情報が Microsoft に送信される場合があります。 ただし、Microsoft がこの情報を使用してお客様の身元を特定したり、お客様に連絡したりすることはありません。

選択可能なオプションは次のとおりです。
(0x0) 無効 (既定)
(0x1) 基本メンバーシップ
(0x2) 上級メンバーシップ

基本メンバーシップの場合、検出されたソフトウェアに関する基本情報が Microsoft に送信されます。これには、ソフトウェアの入手元、ユーザーが適用した操作または自動的に適用された操作、およびその操作が完了したかどうかが含まれます。

上級メンバーシップは、基本情報のほかに、悪意のあるソフトウェア、スパイウェア、不要と思われるソフトウェアに関する詳細情報を Microsoft に送信します。この情報には、ソフトウェアの場所、ファイル名、ソフトウェアの実行方法、およびソフトウェアがコンピューターに及ぼす影響が含まれます。

この設定を有効にした場合は、指定したメンバーシップで Microsoft SpyNet に参加します。

この設定を無効にした場合、または構成していない場合は、Microsoft SpyNet に参加しません。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Microsoft SpyNet に参加


  1. 無効
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Microsoft Antimalware\SpyNet
    Value NameSpyNetReporting
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. 基本 SpyNet
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Microsoft Antimalware\SpyNet
    Value NameSpyNetReporting
    Value TypeREG_DWORD
    Value1
  3. 上級 SpyNet
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Microsoft Antimalware\SpyNet
    Value NameSpyNetReporting
    Value TypeREG_DWORD
    Value2


fep2010.admx

管理用テンプレート (コンピューター)