検出時に既定の動作を実行しない脅威を指定

このポリシー設定で、スキャン中に検出されたときに、リストにある各脅威 ID に対して実行される修復動作をカスタマイズします。 脅威は、この設定の [オプション] の下に追加してください。 各項目は、名前と値のペアとしてリストに追加します。 この名前で、有効な脅威 ID が定義されます。値には、実行される修復動作の動作 ID が含まれます。

有効な修復動作の値は次のとおりです。
2 = 検疫
3 = 削除
6 = 無視

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Microsoft Antimalware\Threats
Value Namethreats_threatiddefaultaction
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

検出時に既定の動作を実行しない脅威を指定

Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Microsoft Antimalware\Threats\ThreatIDDefaultAction
Value Name{number}
Value TypeREG_SZ
Default Value

fep2010.admx

管理用テンプレート (コンピューター)