拡張保護モードを有効にする

拡張保護モードでは、64 ビット バージョンの Windows で 64 ビット プロセスが使用され、悪意のある Web サイトに対する保護が強化されています。Windows 8 以降が実行されているコンピューターでは、拡張保護モードによって、Internet Explorer が読み取り元に設定できる場所もレジストリとファイル システムに制限されています。

このポリシー設定を有効にすると、拡張保護モードが有効になります。保護モードが有効になっているゾーンでは、拡張保護モードが使用されます。ユーザーが拡張保護モードを無効にすることはできません。

このポリシー設定を無効にすると、拡張保護モードが無効になります。保護モードが有効になっているゾーンでは、Windows Vista の Internet Explorer 7 で導入されたバージョンの保護モードが使用されます。

このポリシー設定を構成しない場合、ユーザーは、[インターネット オプション] ダイアログの [詳細設定] タブで拡張保護モードを有効または無効にできます。

サポートされるバージョン: Internet Explorer 10.0 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Main
Value NameIsolation
Value TypeREG_SZ
Enabled ValuePMEM
Disabled ValuePMIL

inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)