ブラウザーを閉じたとき、[Temporary Internet Files] フォルダーを空にする

このポリシー設定を使うと、すべてのブラウザー ウィンドウを閉じた後で、インターネット一時ファイルのフォルダーの内容を削除するかどうかを管理できます。この設定により、危険なファイルや他のユーザーが参照可能な機密性の高いファイルがコンピューターに保存されないようにすると共に、全ディスク領域の使用を管理できます。

このポリシー設定を有効にすると、すべてのブラウザー ウィンドウを閉じたとき、ユーザーのインターネット一時ファイルのフォルダーの内容を削除します。

このポリシー設定を無効にすると、すべてのブラウザー ウィンドウを閉じたとき、ユーザーのインターネット一時ファイルのフォルダーの内容を削除しません。

このポリシー設定を構成しなかった場合、すべてのブラウザー ウィンドウを閉じたとき、ユーザーのインターネット一時ファイルのフォルダーの内容を削除しません。

サポートされるバージョン: Windows 2003 Service Pack 1 の Internet Explorer 6.0 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Cache
Value NamePersistent
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value0
Disabled Value1

inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)