ローカル イントラネットで Internet Explorer 標準モードを有効にする

このポリシー設定では、Internet Explorer でローカル イントラネット コンテンツをどのように表示するかを制御します。イントラネット コンテンツは、ローカル イントラネット セキュリティ ゾーンに属するすべての Web ページとして定義されます。

このポリシー設定を有効にすると、Internet Explorer ではローカル イントラネット コンテンツに現在のユーザー エージェント文字列を使用します。さらに、すべてのローカル イントラネット標準モード ページは最新の Internet Explorer の標準モードで表示されます。ユーザーが [互換表示設定] ダイアログ ボックスでこの動作を変更することはできません。

このポリシー設定を無効にすると、Internet Explorer ではローカル イントラネット コンテンツに Internet Explorer 7 ユーザー エージェント文字列 (追加文字列が追加されます) を使用します。さらに、すべてのローカル イントラネット標準モード ページは Internet Explorer 7 標準モードで表示されます。ユーザーが [互換表示設定] ダイアログ ボックスでこの動作を変更することはできません。

このポリシー設定を構成しないと、Internet Explorer ではローカル イントラネット コンテンツに Internet Explorer 7 ユーザー エージェント文字列 (追加文字列が追加されます) を使用します。さらに、すべてのローカル イントラネット標準モード ページは Internet Explorer 7 標準モードで表示されます。このオプションにより、既存の Web ページとの互換性を最大限に保つことができますが、一般的なインターネット標準で記述されたより新しいコンテンツは正しく表示されない場合があります。このオプションが Internet Explorer の既定の動作です。

サポートされるバージョン: Internet Explorer 8.0 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Internet Explorer\BrowserEmulation
Value NameIntranetCompatibilityMode
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value0
Disabled Value1

inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)