国際化ドメイン名を送信する

このポリシー設定を使用すると、Internet Explorer が Unicode ドメイン名をドメイン ネーム システム (DNS) サーバーまたはプロキシ サーバーに送信する前に、これらのドメイン名を国際化ドメイン名 (IDN) 形式 (Punycode) に変換するかどうかを管理できます。

このポリシー設定を有効にする場合、IDN サーバー名の送信のタイミングを次のように指定する必要があります。
0) Unicode ドメイン名は IDN 形式に変換されません。
1) Unicode ドメイン名は、イントラネット ゾーンにないアドレスに対してのみ IDN 形式に変換されます。
2) Unicode ドメイン名は、イントラネット ゾーンにあるアドレスに対してのみ IDN 形式に変換されます。
3) Unicode ドメイン名は、常に IDN 形式に変換されます。

このポリシー設定を無効にするか、構成しない場合、ユーザーは [インターネット コントロール パネル] の [詳細オプション] を使用してこの設定を制御できます。既定では、イントラネット ゾーンにないアドレスに対してのみドメイン名が IDN 形式に変換されます。

サポートされるバージョン: Internet Explorer 7.0 以降
希望する動作を選択してください


  1. IDN 形式に変換しない
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings
    Value NameEnablePunyCode
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. イントラネット以外のアドレスを IDN 形式に変換する
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings
    Value NameEnablePunyCode
    Value TypeREG_DWORD
    Value1
  3. イントラネット アドレスを IDN 形式に変換する
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings
    Value NameEnablePunyCode
    Value TypeREG_DWORD
    Value2
  4. 常に IDN 形式に変換する
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings
    Value NameEnablePunyCode
    Value TypeREG_DWORD
    Value3


inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)