終了時の閲覧の履歴の削除を許可する

このポリシー設定では、最後のブラウザー ウィンドウを閉じるときに、指定された項目を自動的に削除できます。[閲覧の履歴の削除] ダイアログ ボックスで選択された設定 (インターネット一時ファイル、Cookie、履歴、フォーム データ、パスワードの削除など) が適用され、該当する項目が削除されます。

このポリシー設定を有効にすると、終了時の閲覧の履歴の削除が有効になります。

このポリシー設定を無効にすると、終了時の閲覧の履歴の削除が無効になります。

このポリシー設定を構成しない場合、[インターネット オプション] の [全般] タブで構成できます。

[[閲覧の履歴の削除] にアクセスできないようにする] ポリシー設定が有効になっている場合、このポリシー設定は効果がありません。

サポートされるバージョン: Internet Explorer 8.0 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Privacy
Value NameClearBrowsingHistoryOnExit
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)