追跡防止を無効にする

このポリシー設定を使用すると、追跡防止を無効にできます。

追跡防止を使用すると、ユーザーが訪れた Web サイトを基にしたブラウズ情報を、サード パーティが自動的に収集できるかどうかを制御できます。追跡防止では、ユーザーが訪れた複数の Web サイトで使用されているサード パーティのコンテンツを識別することで、この制御を行います。

このポリシー設定を有効にすると、追跡防止はすべてのブラウズ セッションで無効になり、追跡防止データは収集されません。

このポリシー設定を無効にすると、追跡防止が有効になります。

このポリシー設定を構成しない場合、レジストリから構成できます。

サポートされるバージョン: Internet Explorer 9.0 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Safety\PrivacIE
Value NameDisableTrackingProtection
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)