InPrivate ブラウズを無効にする

このポリシー設定では、InPrivate ブラウズ機能を無効にできます。

InPrivate ブラウズでは、Internet Explorer によるユーザーのブラウズ セッションに関するデータの保存を禁止します。これには、Cookie、インターネット一時ファイル、履歴などのデータが含まれます。

このポリシー設定を有効にすると、InPrivate ブラウズが無効になります。

このポリシー設定を無効にすると、InPrivate ブラウズが有効になります。

このポリシー設定を構成しない場合、レジストリ経由で InPrivate ブラウズの有効と無効を切り替えることができます。

サポートされるバージョン: Internet Explorer 8.0 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Privacy
Value NameEnableInPrivateBrowsing
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value0
Disabled Value1

inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)