Internet Explorer 8 の SmartScreen フィルターの管理を無効にする

このポリシー設定は、ユーザーが SmartScreen フィルターを有効にできるようにします。SmartScreen フィルターを有効にすると、"フィッシング" を通じて個人情報を不正に収集することがわかっている Web サイト、または悪意のあるソフトウェアをホストしていることがわかっている Web サイトにアクセスしようとすると警告が表示されます。

このポリシー設定を有効にすると、ユーザーには、SmartScreen フィルターを有効にするためのダイアログは表示されません。SmartScreen フィルターで使用するモードとして、有効または無効を指定する必要があります。フィルターの許可リストに含まれない Web サイトのアドレスはすべて Microsoft に自動的に送信され、ユーザーにはダイアログは表示されません。

このポリシー設定を無効にするか、構成しない場合、ユーザーには、初回実行時に SmartScreen フィルターを有効にするかどうかを選択するためのダイアログが表示されます。

サポートされるバージョン: Internet Explorer 8.0 のみ
Internet Explorer 8 の SmartScreen フィルター モードの選択


  1. オフ
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Internet Explorer\PhishingFilter
    Value NameEnabledV8
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. オン
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Internet Explorer\PhishingFilter
    Value NameEnabledV8
    Value TypeREG_DWORD
    Value1


inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)