全画面表示モードを強制する

このポリシー設定を使用すると、全画面表示モードを強制できます。このモードでは、ナビゲーション バー、メニュー バー、およびコマンド バーが無効になります。Windows 8 以降では、このポリシーはデスクトップ上の Internet Explorer にのみ適用されます。

ナビゲーション バーを使用すると、Web ページ間の参照、各種検索ツールを使用した Web の検索、訪問済みページの履歴表示、印刷、電子メールやニュースグループへのアクセスを行うことができます。メニュー バーには、印刷、Internet Explorer のカスタマイズ、テキストのコピーと貼り付け、お気に入りの管理、ヘルプへのアクセスのためのコマンドを開くメニューがあります。コマンド バーを使用すると、お気に入り、フィード、ホーム ページへのショートカットなどへのアクセスと管理を行うことができます。全画面表示モードにすると、これら 3 つのバーだけでなく、これらのバーへのショートカットも無効になります。

このポリシー設定を有効にすると、ナビゲーション バー、メニュー バー、およびコマンド バーが非表示になり、ユーザーはこれらにアクセスできません。

このポリシー設定を無効にするか、構成しない場合、ユーザーはナビゲーション バー、メニュー バー、およびコマンド バーを表示してこれらにアクセスできます。

サポートされるバージョン: Internet Explorer 7.0 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Main
Value NameAlwaysShowMenus
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value0
Disabled Value0
ポリシーを有効にする:
Registry PathValue NameValue TypeValue
Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Toolbars\RestrictionsNoNavBarREG_DWORD1
Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Toolbars\RestrictionsNoCommandBarREG_DWORD1
ポリシーを無効にする:
Registry HiveRegistry PathValue NameValue TypeValue
HKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USERSoftware\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Toolbars\RestrictionsNoNavBarREG_DWORD0
HKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USERSoftware\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Toolbars\RestrictionsNoCommandBarREG_DWORD0

inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)