データ実行防止を無効にする

このポリシー設定では、Windows Server 2008、Windows Vista SP1、および Windows XP SP3 の Internet Explorer 用データ実行防止機能を無効にできます。

このポリシー設定を有効にすると、Internet Explorer は SetProcessDEPPolicy 機能をサポートするプラットフォーム上でデータ実行防止を有効にしません。

このポリシー設定を無効にするか構成しない場合、Internet Explorer は SetProcessDEPPolicy 機能を使用して、この機能をサポートするプラットフォーム上でデータ実行防止保護を有効にします。

Windows がデータ防止保護を有効にするように構成されている場合、このポリシー設定は効果がありません。

サポートされるバージョン: Internet Explorer 8.0 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Main
Value NameDEPOff
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)