すべてのプロセス

Internet Explorer は、スクリプトがプログラムを使ってさまざまな種類のウィンドウを開いたり、ウィンドウのサイズや場所を変更したりすることを許可しています。ウィンドウ制限のセキュリティ機能は、ポップアップ ウィンドウを制限し、スクリプトがタイトル バーやステータス バーがユーザーに表示されないウィンドウ、または Windows の他のタイトル バーやステータス バーと混乱するようなウィンドウを表示することを禁止します。

このポリシー設定を有効にすると、スクリプト化されたウィンドウはすべてのプロセスで制限されます。

このポリシー設定を無効にするか、または構成しない場合は、スクリプト化されたウィンドウには制限は適用されません。

サポートされるバージョン: Windows XP Service Pack 2 または Windows Server 2003 Service Pack 1 で Internet Explorer 6.0 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl\FEATURE_WINDOW_RESTRICTIONS
Value Name*
Value TypeREG_SZ
Enabled Value1
Disabled Value0

inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)