混在したコンテンツを表示する

このポリシー設定を使用すると、セキュリティで保護されていない項目をユーザーが表示できるかどうかを管理できます。また、セキュリティで保護された項目および保護されていない項目の両方を含むページを表示するときにセキュリティ情報のメッセージをユーザーが受け取るかどうかも管理できます。

このポリシー設定を有効にして、ドロップダウン ボックスで [有効にする] を選択した場合、ユーザーはセキュリティ情報のメッセージ (このページにはセキュリティで保護されている項目と保護されていない項目が含まれています。保護されていない項目を表示しますか?) を受け取らず、保護されていないコンテンツの表示が可能になります。

ドロップダウン ボックスが [ダイアログを表示する] に設定されている場合、セキュリティで保護されたコンテンツ (https://) および保護されていないコンテンツ (http://) の両方を含む Web ページを表示するときにユーザーにセキュリティ情報のメッセージが表示されます。

このポリシー設定を無効にすると、ユーザーはセキュリティ情報のメッセージを受け取ることはできません。また、セキュリティで保護されていないコンテンツは表示できません。

このポリシー設定を構成しなかった場合、セキュリティで保護されたコンテンツ (https://) および保護されていないコンテンツ (http://) の両方を含む Web ページを表示するときにユーザーはセキュリティ情報のメッセージを受け取ります。

サポートされるバージョン: Windows XP Service Pack 2 または Windows Server 2003 Service Pack 1 で Internet Explorer 6.0 以降
混在したコンテンツを表示する


  1. [有効]
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Zones\4
    Value Name1609
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. [無効]
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Zones\4
    Value Name1609
    Value TypeREG_DWORD
    Value3
  3. ダイアログを表示する
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Zones\4
    Value Name1609
    Value TypeREG_DWORD
    Value1


inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)