ウィンドウ上の各ドメインからコンテンツのドラッグを有効にする

このポリシー設定により、移行元と移行先が異なるウィンドウの場合、あるドメインから別のドメインにコンテンツをドラッグするオプションを設定できます。

このポリシー設定を有効にして [有効にする] をクリックすると、ユーザーは移行元と移行先が異なるウィンドウの場合、あるドメインから別のドメインにコンテンツをドラッグすることができます。ユーザーはこの設定を変更できません。

このポリシー設定を有効にして [無効にする] をクリックすると、ユーザーは移行元と移行先が異なるウィンドウの場合、あるドメインから別のドメインにコンテンツをドラッグできません。ユーザーはこの設定を変更できません。

Internet Explorer 10 では、このポリシー設定を無効にする場合、または構成しない場合、[有効にする] をクリックすると、ユーザーは移行元と移行先が異なるウィンドウの場合、あるドメインから別のドメインにコンテンツをドラッグできません。この設定は、[インターネット オプション] ダイアログで変更できます。

Internet Explorer 9 以前のバージョンでは、このポリシーを無効にする場合、または構成しない場合は、ユーザーは移行元と移行先が異なるウィンドウの場合、あるドメインから別のドメインにコンテンツをドラッグすることができます。ユーザーはこの設定を変更できません。

サポートされるバージョン: Windows XP Service Pack 2 または Windows Server 2003 Service Pack 1 で Internet Explorer 6.0 以降
ウィンドウ上の各ドメインからコンテンツのドラッグを有効にする


  1. [有効]
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Lockdown_Zones\4
    Value Name2709
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. [無効]
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Lockdown_Zones\4
    Value Name2709
    Value TypeREG_DWORD
    Value3


inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)