スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行

このポリシー設定を使用すると、スクリプトを実行しても安全であるとマークされた ActiveX コントロールがスクリプトと対話できるかどうかを管理できます。

このポリシー設定を有効にすると、ユーザーによる手動操作を必要とすることなく、スクリプトの対話を自動的に実行できます。

ドロップダウン ボックスで [ダイアログを表示する] を選択した場合、スクリプトの対話を許可するかどうかをユーザーにたずねます。

このポリシー設定を無効にすると、スクリプトの対話は実行されません。

このポリシー設定を構成しなかった場合、ユーザーによる手動操作を必要とすることなく、スクリプトの対話を自動的に実行できます。

サポートされるバージョン: Windows XP Service Pack 2 または Windows Server 2003 Service Pack 1 で Internet Explorer 6.0 以降
スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行


  1. [有効]
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Zones\1
    Value Name1405
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. [無効]
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Zones\1
    Value Name1405
    Value TypeREG_DWORD
    Value3
  3. ダイアログを表示する
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Zones\1
    Value Name1405
    Value TypeREG_DWORD
    Value1


inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)