スクリプトを実行しても安全だとマークされていない ActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行

このポリシー設定を使用すると、安全であるとマークされていない ActiveX コントロールを管理できます。

このポリシー設定を有効にすると、ActiveX コントロールがパラメーターを読み込んで実行され、また、信頼されていないデータまたはスクリプトに対するオブジェクトの安全性を設定することなくスクリプト化されます。この設定は、安全でかつ管理されたゾーン以外では推奨しません。この設定では、安全なコントロールと安全ではないコントロールの両方を初期化およびスクリプト化します。[スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行] オプションは無視されます。

このポリシー設定を有効にして、ドロップダウン ボックスで [ダイアログを表示する] を選択した場合、コントロールにパラメーターを読み込んだりスクリプト化したりすることを許可するかどうかをユーザーにたずねます。

このポリシー設定を無効にすると、安全であるとマークできない ActiveX コントロールにパラメーターを読み込んだりスクリプト化したりすることはできません。

このポリシー設定を構成しなかった場合、コントロールにパラメーターを読み込んだりスクリプト化したりするかどうかをユーザーにたずねます。

サポートされるバージョン: Windows XP Service Pack 2 または Windows Server 2003 Service Pack 1 で Internet Explorer 6.0 以降
スクリプトを実行しても安全だとマークされていない ActiveX コントロールの初期化とスクリプトの実行


  1. [有効]
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Zones\0
    Value Name1201
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. [無効]
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Zones\0
    Value Name1201
    Value TypeREG_DWORD
    Value3
  3. ダイアログを表示する
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Zones\0
    Value Name1201
    Value TypeREG_DWORD
    Value1


inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)