Authenticode 署名済みの .NET Framework コンポーネントを実行する

このポリシー設定を使用すると、Authenticode を使用して署名されている .NET Framework コンポーネントを Internet Explorer から実行できるかどうかを管理できます。これらのコンポーネントには、object タグから参照された管理されたコントロール、リンクから参照された管理された実行可能ファイルなどが含まれます。

このポリシー設定を有効にすると、Internet Explorer は署名済みの管理されたコンポーネントを実行します。ドロップダウン ボックスで [ダイアログを表示する] を選択した場合、署名済みの管理されたコンポーネントを実行するかどうかを確認するメッセージが Internet Explorer によって表示されます。

このポリシー設定を無効にすると、Internet Explorer は署名済みの管理されたコンポーネントを実行しません。

このポリシー設定を構成しない場合は、Internet Explorer は署名済みの管理されたコンポーネントを実行しません。

サポートされるバージョン: Windows XP Service Pack 2 または Windows Server 2003 Service Pack 1 で Internet Explorer 6.0 以降
Authenticode 署名済みの .NET Framework コンポーネントを実行する


  1. [有効]
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Lockdown_Zones\1
    Value Name2001
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. [無効]
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Lockdown_Zones\1
    Value Name2001
    Value TypeREG_DWORD
    Value3
  3. ダイアログを表示する
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Lockdown_Zones\1
    Value Name2001
    Value TypeREG_DWORD
    Value1


inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)