クロスサイト スクリプト フィルターを有効にする

このポリシーでは、クロスサイト スクリプト (XSS) フィルターがこのゾーン内の Web サイトにあるクロスサイト スクリプト インジェクションを検出して防止するかどうかを制御します。

このポリシー設定を有効にすると、XSS フィルターはこのゾーン内のサイトに対して有効になり、クロスサイト スクリプト インジェクションのブロックを試みます。

このポリシー設定を無効にすると、XSS フィルターはこのゾーン内のサイトに対して無効となり、Internet Explorer ではクロスサイト スクリプト インジェクションが許可されます。

サポートされるバージョン: Internet Explorer 8.0 以降
クロスサイト スクリプト (XSS) フィルターを有効にする


  1. [有効]
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Zones\0
    Value Name1409
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. [無効]
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Zones\0
    Value Name1409
    Value TypeREG_DWORD
    Value3


inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)