UserData の常設

このポリシー設定を使用すると、ブラウザーの履歴、お気に入り、XML ストア、またはディスクに保存された Web ページ内に直接入っている情報の保管を管理できます。このポリシー設定を正しく構成すると、ユーザーが固定されたページに戻ったときに、ページの状態を復元できます。

このポリシー設定を有効にすると、ユーザーはブラウザーの履歴、お気に入り、XML ストア、またはディスクに保存されている Web ページ内に直接、情報を保管できます。

このポリシー設定を無効にすると、ユーザーはブラウザーの履歴、お気に入り、XML ストア、またはディスクに保存されている Web ページ内に直接、情報を保管できません。

このポリシー設定を構成しなかった場合、ユーザーはブラウザーの履歴、お気に入り、XML ストア、またはディスクに保存されている Web ページ内に直接、情報を保管できません。

サポートされるバージョン: Windows XP Service Pack 2 または Windows Server 2003 Service Pack 1 で Internet Explorer 6.0 以降
UserData の常設


  1. [有効]
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Lockdown_Zones\4
    Value Name1606
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. [無効]
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Lockdown_Zones\4
    Value Name1606
    Value TypeREG_DWORD
    Value3


inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)