サイズや位置の制限なしにスクリプトでウィンドウを開くことを許可する

このポリシー設定を使用すると、スクリプトによって起動されるポップアップ ウィンドウ、およびタイトルとステータス バーを持ったウィンドウの制限を管理できます。

このポリシー設定を有効にすると、Windows Restrictions セキュリティはこのゾーンでは適用されません。セキュリティ ゾーンは、この機能で提供されるセキュリティの追加のレイヤーなしに実行されます。

このポリシー設定を無効にすると、スクリプトによって起動されたポップアップ ウィンドウや、タイトルとステータス バーを含むウィンドウに含まれる、危害を及ぼす可能性のある動作は実行されません。この Internet Explorer のセキュリティ機能は、プロセスの [スクリプト化されたウィンドウのセキュリティ制限] 機能コントロール設定で指定されたように、このゾーンでオンになります。

このポリシー設定を構成しない場合は、スクリプトによって起動されたポップアップ ウィンドウやタイトルとステータス バーを含むウィンドウに含まれる、危害を及ぼす可能性のある動作は実行されません。この Internet Explorer のセキュリティ機能は、プロセスの [スクリプト化されたウィンドウのセキュリティ制限] 機能コントロール設定で指定されたように、このゾーンでオンになります。

サポートされるバージョン: Windows XP Service Pack 2 または Windows Server 2003 Service Pack 1 で Internet Explorer 6.0 以降
サイズや位置の制限なしにスクリプトでウィンドウを開くことを許可する


  1. [有効]
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Lockdown_Zones\2
    Value Name2102
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. [無効]
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Lockdown_Zones\2
    Value Name2102
    Value TypeREG_DWORD
    Value3


inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)