メディア エクスプローラー バーを構成する

管理者が、メディア エクスプローラー バーを有効または無効にして、自動再生の既定値を設定できるようにします。

メディア エクスプローラー バーは、インターネット上の音楽やビデオのコンテンツを再生します。

メディア エクスプローラー バーを無効にすると、ユーザーはメディア エクスプローラー バーを表示できません。 自動再生機能も無効になります。 ユーザーが Internet Explorer 上でリンクをクリックすると、そのコンテンツは、ユーザーのシステムの既定のメディア クライアントによって再生されます。

メディア エクスプローラー バーを有効にするか、または構成しない場合、ユーザーはメディア エクスプローラー バーを表示または非表示にできます。

管理者は、自動再生機能のオン/オフを切り替えることもできます。 この設定は、メディア エクスプローラー バーが有効になっている場合にのみ適用されます。

このチェック ボックスをオンにした場合は、ユーザーがメディア リンクをクリックすると、メディア エクスプローラー バーが自動的に表示されてメディア コンテンツを再生します。

このチェック ボックスをオフにした場合は、そのコンテンツは、ユーザーのシステムの既定のメディア クライアントによって再生されます。

サポートされるバージョン: Internet Explorer 6.0 のみ
メディア エクスプローラー バーと自動再生機能を無効にする
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Restrictions
Value NameNo_LaunchMediaBar
Value TypeREG_DWORD
Default Value0
True Value1
False Value0
有効な場合、メディア バーでメディア ファイルを自動再生する
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Microsoft\Internet Explorer\media
Value NameAutoplay
Value TypeREG_SZ
Default Valueyes
True Valueyes
False Valueno

inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)