自動サインアップを有効にする

このポリシー設定では、Internet Explorer 管理者キット (IEAK) を使用してインターネット サービス プロバイダー (ISP) のブランド化が完了した後に、Internet Explorer を自動的に起動してサインアップ プロセスを実行できるようにします。

このポリシー設定を有効にすると、IEAK を使用した ISP のブランド化が完了した後に、Internet Explorer が自動的に起動してサインアップ プロセスが実行されます。ユーザーはこの動作を変更できません。

このポリシー設定を無効にすると、IEAK を使用した ISP のブランド化が完了した後に、Internet Explorer が自動的に起動してサインアップ プロセスが実行されることはありません。ユーザーはこの動作を変更できません。

このポリシー設定を構成しなかった場合、ユーザーは、IEAK を使用した ISP のブランド化が完了した後に、Internet Explorer を自動的に起動してサインアップ プロセスを実行するかどうかを選択できます。

サポートされるバージョン: Internet Explorer 7.0 以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\IEAK
Value NameNoAutomaticSignup
Value TypeREG_SZ
Enabled Value0
Disabled Value1

inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)