Outlook Express を構成する

ウイルスを含む可能性のある添付ファイルを Outlook Express ユーザーが保存したり開いたりできる機能を、管理者が有効/無効にできます。

添付ファイルをブロックする設定を有効にすると、ウイルスを含む可能性のある添付ファイルをユーザーは保存したり開いたりできなくなります。 ユーザーは添付ファイルをブロックするオプションを無効にはできません。

添付ファイルをブロックする設定が無効の場合は、ユーザーは添付ファイルをブロックするオプションを有効にしたり無効にしたりできます。

サポートされるバージョン: Internet Explorer 6.0 のみ
ウイルスを含む可能性のある添付ファイルをブロックする
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Microsoft\Outlook Express
Value NameBlockExeAttachments
Value TypeREG_DWORD
Default Value0
True Value1
False Value0

inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)