インターネット接続ウィザードの使用を許可しない

インターネット接続ウィザードを実行できないようにします。

このポリシーを有効にすると、ユーザーは、インターネット オプションの [接続] タブの [セットアップ] ボタンを使用できなくなります。

また、デスクトップの [インターネットに接続] アイコンをクリックするか、または [スタート] メニューから、[プログラム]、[アクセサリ]、[通信] の順にポイントし、[インターネット接続ウィザード] をクリックしてもインターネット接続ウィザードを起動することはできません。

このポリシーを無効にするか、または構成しない場合、ユーザーは、インターネット接続ウィザードを起動して、インターネットへの接続の設定を変更できます。

注: このポリシーは、[インターネットのプロパティ] ダイアログ ボックスの [接続] タブを削除する [[接続] ページの使用を許可しない] ポリシー (場所: \ユーザーの構成\管理用テンプレート\Windows コンポーネント\Internet Explorer\インターネット コントロール パネル) と同じ機能です。ただし、インターネット オプションの [接続] タブは削除されますが、デスクトップまたは [スタート] メニューからインターネット接続ウィザードを実行できます。

サポートされるバージョン: Internet Explorer 5.0 以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Control Panel
Value NameConnwiz Admin Lock
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)