ポップアップ例外一覧を管理できないようにする

特定の Web サイトを例外の一覧に追加することにより、そのサイトからのポップアップを許可できます。

このポリシー設定を有効にすると、ユーザーは、例外の一覧に Web サイトを追加したり、この一覧から Web サイトを削除したりできなくなります。

このポリシー設定を無効にするか、構成しない場合、ユーザーは、例外の一覧に Web サイトを追加したり、この一覧から Web サイトを削除したりできます。

注: [ポップアップ許可一覧を指定する] ポリシー設定を有効にすると、Internet Explorer プロセスのポップアップのブロックの設定に関係なく、ポップアップ ウィンドウを開くことのできる既定のサイト一覧を使用できます。

サポートされるバージョン: Internet Explorer 7.0 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Restrictions
Value NameRestrictPopupExceptionList
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

inetres.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)