BitLocker で保護されているリムーバブル ドライブの回復方法を選択する


このポリシー設定を使用すると、必要な資格情報がない場合に BitLocker で保護されているリムーバブル データ ドライブの回復方法を指定できます。このポリシー設定は、BitLocker が有効な場合に適用されます。

[データ回復エージェントを使用する] チェック ボックスを使用して、BitLocker で保護されているリムーバブル データ ドライブにデータ回復エージェントを使用できるかどうかを指定します。データ回復エージェントを使用するには、グループ ポリシー管理コンソールまたはローカル グループ ポリシー エディターで、[公開キーのポリシー] からデータ回復エージェントを追加しておく必要があります。データ回復エージェントの追加について詳しくは、 Microsoft TechNet の『BitLocker Drive Encryption Deployment Guide』を参照してください。

[BitLocker 回復情報のユーザー記憶域の構成] で、48 桁の回復パスワードまたは 256 ビットの回復キーの生成をユーザーに許可するか、必須とするか、禁止するかを指定します。

ユーザーがドライブで BitLocker を有効にするときにユーザーが回復オプションを指定できないようにするには、[BitLocker のセットアップ ウィザードに回復オプションを表示しない] をオンにします。この場合、BitLocker を有効にするときに使用する回復オプションを指定できなくなり、そのドライブの BitLocker 回復オプションはポリシー設定によって決まります。

[Active Directory ドメイン サービスに BitLocker 回復情報を保存する] で、リムーバブル データ ドライブの AD DS に格納する BitLocker 回復情報を選択します。[回復パスワードとキー パッケージをバックアップする] を選択した場合は、BitLocker 回復パスワードとキー パッケージの両方が AD DS に格納されます。[回復パスワードのみバックアップする] を選択すると、回復パスワードだけが AD DS に格納されます。

コンピューターがドメインに接続されておらず AD DS への BitLocker 回復情報のバックアップが完了しない場合に、ユーザーが BitLocker を有効にできないようにするには、[リムーバブル データ ドライブ ドライブの AD DS に回復情報が格納されるまで BitLocker を有効にしない] チェック ボックスをオンにします。

注: [リムーバブル データ データドライブの AD DS に回復情報が格納されるまで BitLocker を有効にしない] チェック ボックスがオンの場合、回復パスワードは自動的に生成されます。

このポリシー設定を有効にした場合、ユーザーが BitLocker で保護されているリムーバブル データ ドライブからデータを回復するための方法を制限できます。

このポリシー設定を構成しなかった場合、または無効にした場合、BitLocker による回復については既定の回復オプションがサポートされます。既定では、DRA が許可されて、ユーザーは回復パスワードと回復キーを含む回復オプションを指定できます。また、回復情報は AD DS にバックアップされません。

サポートされるバージョン: Windows 7 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry PathSOFTWARE\Policies\Microsoft\FVE
Value NameRDVRecovery
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

データ回復エージェントを使用する
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry PathSOFTWARE\Policies\Microsoft\FVE
Value NameRDVManageDRA
Value TypeREG_DWORD
Default Value0
True Value1
False Value0

BitLocker 回復情報のユーザー記憶域の構成:




  1. 48 桁の回復パスワードの使用を許可する
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
    Registry PathSOFTWARE\Policies\Microsoft\FVE
    Value NameRDVRecoveryPassword
    Value TypeREG_DWORD
    Value2
  2. 48 桁の回復パスワードを必要とする
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
    Registry PathSOFTWARE\Policies\Microsoft\FVE
    Value NameRDVRecoveryPassword
    Value TypeREG_DWORD
    Value1




  1. 256 ビットの回復キーの使用を許可する
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
    Registry PathSOFTWARE\Policies\Microsoft\FVE
    Value NameRDVRecoveryKey
    Value TypeREG_DWORD
    Value2
  2. 256 ビットの回復キーを必要とする
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
    Registry PathSOFTWARE\Policies\Microsoft\FVE
    Value NameRDVRecoveryKey
    Value TypeREG_DWORD
    Value1
  3. 256 ビットの回復キーの使用を許可しない
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
    Registry PathSOFTWARE\Policies\Microsoft\FVE
    Value NameRDVRecoveryKey
    Value TypeREG_DWORD
    Value0

BitLocker のセットアップ ウィザードに回復オプションを表示しない
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry PathSOFTWARE\Policies\Microsoft\FVE
Value NameRDVHideRecoveryPage
Value TypeREG_DWORD
Default Value1
True Value1
False Value0
リムーバブル データ ドライブの BitLocker 回復情報を AD DS に保存する
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry PathSOFTWARE\Policies\Microsoft\FVE
Value NameRDVActiveDirectoryBackup
Value TypeREG_DWORD
Default Value0
True Value1
False Value0
AD DS の BitLocker 回復情報の記憶域の構成:


  1. 回復パスワードとキー パッケージをバックアップする
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
    Registry PathSOFTWARE\Policies\Microsoft\FVE
    Value NameRDVActiveDirectoryInfoToStore
    Value TypeREG_DWORD
    Value1
  2. 回復パスワードのみをバックアップする
    Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
    Registry PathSOFTWARE\Policies\Microsoft\FVE
    Value NameRDVActiveDirectoryInfoToStore
    Value TypeREG_DWORD
    Value2

リムーバブル データ ドライブの回復情報が AD DS に保存されるまで BitLocker を有効にしない
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry PathSOFTWARE\Policies\Microsoft\FVE
Value NameRDVRequireActiveDirectoryBackup
Value TypeREG_DWORD
Default Value0
True Value1
False Value0

bitlockermanagement.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)