スマート カード証明書の使用規則の準拠を検証する

スマート カード証明書にあるオブジェクト ID を BitLocker で保護されているドライブに関連付けることができます。このポリシー設定は、BitLocker をオンにしたときに適用されます。

オブジェクト ID は、証明書の拡張キー使用法 (EKU) で指定します。証明書にあるオブジェクト ID と、このポリシー設定で定義したオブジェクト ID を照合することにより、BitLocker で保護されているドライブにアクセスするユーザーの認証に使用する証明書が識別されます。

既定のオブジェクト ID は、1.3.6.1.4.1.311.67.1.1 です。

注: 証明書に EKU 属性がなくても BitLocker を使用できますが、EKU 属性を構成する場合は、BitLocker 用のオブジェクト ID (OID) と同じ ID にする必要があります。

このポリシー設定を有効にした場合は、[オブジェクト ID] ボックスで指定した ID が、スマート カード証明書にあるオブジェクト ID と一致する必要があります。

このポリシー設定を無効にした場合や構成しなかった場合は、既定のオブジェクト ID が使用されます。

サポートされるバージョン: Windows 7 以降
オブジェクトの識別子:

Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\FVE
Value NameCertificateOID
Value TypeREG_SZ
Default Value1.3.6.1.4.1.311.67.1.1

bitlockermanagement.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)