暗号化ポリシーの実施設定

この設定を使用すると、固定ドライブが MBAM ポリシーの準拠を強制されるまでの、非準拠でいられる日数を構成することができます。この猶予期間が終了した後は、ユーザーは必要なアクションを延期したり除外を依頼することはできません。猶予期間は、固定データ ドライブの非準拠が最初に検出されたときに始まります。ただし、固定データ ドライブのポリシーは、オペレーティング システム ドライブが準拠状態になるまで強制されません。

猶予期間が終了したときにまだ固定データ ドライブがポリシーに準拠していない場合は、ユーザーに必要なアクションを延期するオプション、または除外を依頼するオプションが表示されません。暗号化処理でユーザー入力が必要な場合は、必要な情報が指定されるまでユーザーが閉じることができないダイアログ ボックスが表示されます。エラー メッセージや暗号化状態などのその後の通知では、このような制限はありません。

猶予期間を 0 に設定すると、オペレーティング システム ドライブが準拠状態になり次第、直ちにポリシーが強制されます。.

サポートされるバージョン: Windows 7 以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\FVE\MDOPBitLockerManagement
Value NameUseFddEnforcePolicy
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

固定ドライブの非準拠の猶予期間 (日) を構成します。この猶予期間は、オペレーティング システム ドライブの準拠が検出された後にのみ開始されます:

Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\FVE\MDOPBitLockerManagement
Value NameFddEnforcePolicyPeriod
Value TypeREG_DWORD
Default Value0
Min Value0
Max Value730

bitlockermanagement.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)