ローミング時でも従量課金接続で設定を同期する

このポリシー設定では、ローミング接続を介した接続時など、ホーム プロバイダー ネットワーク以外を使用する場合に、User Experience Virtualization (UE-V) Agent が従量課金接続で設定を同期するかどうかを定義します。
既定では、UE-V Agent はローミングされている従量課金接続で設定を同期しません。
この設定を有効にすると、UE-V Agent はローミングされている従量課金接続で設定を同期します。
この設定を無効にすると、UE-V Agent はローミングされている従量課金接続で設定を同期しません。
このポリシー設定を構成しない場合は、定義されたすべての値が削除されます。

サポートされるバージョン: Windows Server 2012、Windows 8、Windows RT またはそれ以降
Registry HiveHKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\UEV\Agent\Configuration
Value NameSyncOverMeteredNetworkWhenRoaming
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

userexperiencevirtualization.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)