Windows SharePoint Services の段階的なアップグレードの動作を設定する

このポリシー設定では、段階的なアップグレードを行うときに Windows SharePoint Services によって提供される URL リダイレクトにフォームとフォーム テンプレートが従うかどうかを指定します。



このポリシー設定を有効にした場合、以下の 3 つのリダイレクト オプションから選択できます。



- [すべての場所へのリダイレクトを許可する]。このオプションが選択されていると、適切に計画されていない段階的アップグレードによって、重要な情報が危険にさらされる可能性があります。



- [イントラネットへのリダイレクトのみを許可する]。このオプションは、InfoPath 2007 の既定の構成です。ローカル イントラネットへのリダイレクトは許可されますが、他の場所へのリダイレクトはブロックされます。



- [すべてのリダイレクトをブロックする]。このオプションを選択すると、InfoPath でリダイレクトを使用できません。



このポリシー設定を未構成にした場合、InfoPath 2007 では、一時 URL がローカル イントラネットにあるとき、アップグレードされていないサイトに対する要求を一時 URL に自動的にリダイレクトします。一時 URL が他の場所にある場合は、ユーザー要求をブロックします。フォームまたはフォーム テンプレートが別のイントラネット サイトにリダイレクトされる前に、InfoPath のメッセージがユーザーに表示されます。



このポリシー設定を無効にした場合、アップグレードされていないサイトに対するすべての要求が、場所に関係なく、ターゲットにリダイレクトされます。この機能によって、セキュリティで保護されたサイトへの要求が、セキュリティで保護されていないサイトにリダイレクトされる場合があるため (イントラネット サイトへの要求が、暗号化されていないインターネット サイトにリダイレクトされるなど)、重要な情報が危険にさらされる可能性があります。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降



  1. すべての場所へのリダイレクトを許可する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\InfoPath\Security
    Value NameGradualUpgradeRedirection
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. イントラネットへのリダイレクトのみを許可する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\InfoPath\Security
    Value NameGradualUpgradeRedirection
    Value TypeREG_DWORD
    Value1
  3. すべてのリダイレクトをブロックする
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\InfoPath\Security
    Value NameGradualUpgradeRedirection
    Value TypeREG_DWORD
    Value2


inf12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)