コードまたはスクリプトを含む InfoPath 電子メール フォームを開くときの動作を指定する

このポリシー設定では、コードまたはスクリプトを含む電子メール フォームを InfoPath 2007 で処理する方法を指定します。



このポリシー設定を有効にした場合、以下の 3 つのオプションからユーザーに表示する確認メッセージを選択できます。



- [実行しない] - InfoPath では、コードまたはスクリプトを含む電子メール フォームは開きません。



- [実行する前にメッセージを表示する] - コードまたはスクリプトを含む電子メール フォームをユーザーが開こうとすると、InfoPath によって通知が表示され、ユーザーはフォームを開くかどうかを選択できます。このオプションは既定の構成です。



- [メッセージを表示せずに実行する] - ユーザーにメッセージを表示せずに、コードまたはスクリプトを含む電子メール フォームが開きます。このオプションを選択すると、悪意のあるコードがユーザーのコンピュータで実行される可能性があります。



このポリシー設定を無効にした場合、ユーザーにメッセージを表示せず、コードまたはスクリプトを含む電子メール フォームが開きます。



このポリシー設定を未構成にした場合、コードまたはスクリプトを含む InfoPath 電子メール フォームを開く前にユーザーに通知され、確認メッセージが表示されます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降



  1. メッセージを表示せずに実行する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\InfoPath\Security
    Value NameEMailFormsRunCodeAndScript
    Value TypeREG_DWORD
    Value0
  2. 実行する前にメッセージを表示する
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\InfoPath\Security
    Value NameEMailFormsRunCodeAndScript
    Value TypeREG_DWORD
    Value1
  3. 実行しない
    Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
    Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\InfoPath\Security
    Value NameEMailFormsRunCodeAndScript
    Value TypeREG_DWORD
    Value2


inf12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)