このポリシー設定では、信頼できる場所をユーザー自身、Office カスタマイズ ツール (OCT)、およびグループ ポリシーで定義できるようにするか、グループ ポリシーのみで定義する必要があるかを指定します。\n\nこのポリシー設定を有効にした場合、ユーザーは任意の場所を信頼できる場所として指定できます。コンピュータでは、ユーザー、OCT、およびグループ ポリシーによってそれぞれ作成された信頼できる場所を組み合わせて使用できます。\n\nこのポリシー設定を無効にした場合、グループ ポリシーによって作成された信頼できる場所以外はすべて無効になり、ユーザーはセキュリティ センターで信頼できる場所を新たに作成することはできません。\n\nこのポリシー設定を未構成にした場合、このポリシーを [有効] に設定した場合と同じ動作になります。\n\n注意 - InfoPath 2007 および Outlook 2007 では信頼できる場所は認識されないため、このポリシー設定の影響は受けません。

このポリシー設定では、信頼できる場所をユーザー自身、Office カスタマイズ ツール (OCT)、およびグループ ポリシーで定義できるようにするか、グループ ポリシーのみで定義する必要があるかを指定します。



このポリシー設定を有効にした場合、ユーザーは任意の場所を信頼できる場所として指定できます。コンピュータでは、ユーザー、OCT、およびグループ ポリシーによってそれぞれ作成された信頼できる場所を組み合わせて使用できます。



このポリシー設定を無効にした場合、グループ ポリシーによって作成された信頼できる場所以外はすべて無効になり、ユーザーはセキュリティ センターで信頼できる場所を新たに作成することはできません。



このポリシー設定を未構成にした場合、このポリシーを [有効] に設定した場合と同じ動作になります。



注意 - InfoPath 2007 および Outlook 2007 では信頼できる場所は認識されないため、このポリシー設定の影響は受けません。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Common\Security\Trusted Locations
Value NameAllow User Locations
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

office12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)