2007 Office system 互換機能パックおよび PowerPoint 2007 コンバータで PowerPoint 2007 の新しいファイル形式のプレリリース版を開けないようにする

このポリシー設定では、Word、Excel、および PowerPoint 2007 ファイル形式用の Microsoft Office 互換機能パックをインストールしたユーザーが、PowerPoint 2007 のプレリリース版で保存された Office オープン XML ファイルを開くことができるかどうかを指定します。PowerPoint オープン XML ファイルには、通常、次の拡張子が付与されています。.pptx、.pptm、.potx、.potm、.ppsx、.ppsm、.ppam、.thmx、.xml。



このポリシー設定を有効にした場合、互換機能パックのユーザーは、PowerPoint 2007 のプレリリース版で作成された Office オープン XML ファイルを開くことができません。



このポリシー設定を無効にした場合、互換機能パックのユーザーは、PowerPoint の一部のプレリリース版で保存されたファイルを開くことができます。ただし、ファイルを開くときに矛盾が生じるプレリリース版のファイルは開くことができません。



このポリシー設定を未構成にした場合、このポリシーを [有効] に設定した場合と同じ動作になります。



注意 - グループ ポリシーを使用してファイル形式の要件を管理および適用する方法の詳細については、2007 Office リソース キットの「2007 Office system でファイル形式のブロック設定を計画する」 (http://r.office.microsoft.com/r/rlidGroupPolicyBlockFileForm2?clid=ja-jp) を参照してください。また、別の方法を提供する Microsoft Office 分離変換環境 (MOICE) の詳細については、「2007 Microsoft Office Security Guide (2007 Microsoft Office セキュリティ ガイド)」の第 4 章の「File Block Technology (ファイル ブロック テクノロジ)」を参照してください。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\PowerPoint\Security\FileOpenBlock
Value NamePowerPoint12BetaFilesFromConverters
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

office12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)