権限が管理されたコンテンツに対するアクセス許可をユーザーが変更できないようにする

このポリシー設定では、2007 Office ユーザーが、Information Rights Management (IRM) で保護されたコンテンツへのアクセス許可を変更できるかどうかを指定します。



2007 Office リリースの Information Rights Management 機能では、個々のユーザーおよび管理者が Word 2007 文書、Excel 2007 ブック、PowerPoint 2007 プレゼンテーション、InfoPath 2007 テンプレートとフォーム、および Outlook 2007 電子メール メッセージへのアクセス許可を指定できます。この機能は、機密情報の無断印刷、転送、またはコピーを防止するために役立ちます。



このポリシー設定を有効にした場合、ユーザーは、適切なアクセス許可を持つドキュメントのみを開いて編集できます。新しく作成したコンテンツの権限を制限すること、既存のドキュメントに IRM を追加すること、既存の IRM アクセス許可を変更すること、およびドキュメントから IRM を削除することはできません。



このポリシー設定を無効にするか、未構成にした場合、2007 Office ユーザーは、ドキュメントに対する IRM アクセス許可の追加、削除、または変更を行うことができます (これらの操作を行う権限がある場合)。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Common\DRM
Value NameDisableCreation
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

office12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)