パスワードで保護されたファイルのドキュメント メタデータを保護する

このポリシー設定では、Office オープン XML ファイルをパスワードで保護するときに、メタデータを暗号化するかどうかを指定します。



このポリシー設定を有効にした場合、Excel 2007、PowerPoint 2007、および Word 2007 で、パスワードで保護された Office オープン XML ファイル内のメタデータが暗号化されます。この設定は、ユーザーのコンピュータ上のどの構成変更よりも優先されます。



このポリシー設定を無効にした場合、2007 Office アプリケーションでは、パスワードで保護された Office オープン XML ファイル内のメタデータを暗号化できません。このため、セキュリティが低下する可能性があります。



このポリシー設定を未構成にした場合、Office オープン XML ドキュメントをパスワードで保護して保存するときに、ドキュメントに関連付けられているメタデータがドキュメントの残りのコンテンツと共に暗号化されます。この構成を変更すると、ドキュメントの作成者やハイパーリンクの参照などの機密情報が、許可のないユーザーに公開されてしまう可能性があります。



重要 - このポリシー設定を最近テストしたところ、正しく動作しないことが判明しました。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Common\Security
Value NameOpenXMLEncryptProperty
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

office12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)