ローカルのソリューションを信頼する

ドキュメント情報パネルの、ローカルにインストールされている完全に信頼できるソリューションをバックグラウンドで読み込むときに、確認メッセージが表示されないようにします。このメッセージが表示されるのは、通常、完全に信頼できるソリューションが展開され、バインドされたプロパティ (検索など) がドキュメントにあり、そのプロパティの内容を取得するためにドキュメント情報パネルをバックグラウンドで読み込む必要がある場合です。



ドキュメント情報パネルのソリューションのパスに対応する名前と値 1 の組み合わせを入力して、メッセージの表示を無効にします。この値を設定すると、完全に信頼できるソリューションがバックグラウンドで読み込まれるときにユーザーに対してメッセージが表示されません。ソリューションは通常どおり読み込まれます (存在する関連性のない警告も含む)。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降


Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Common\DocumentInformationPanel\TrustSolution
Value Name{number}
Value TypeREG_SZ
Default Value

office12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)