信頼性向上のために小規模な更新を自動的に受信する

このポリシー設定では、Microsoft Office 診断プログラムを有効にするかどうかを指定します。Office 診断プログラムを使用して、特定の問題について更新されたヘルプ情報を含む小さなファイルをコンピュータに定期的にダウンロードすることによって、ユーザー エクスペリエンスを向上させることができます。



このポリシー設定を有効にした場合、Office 診断プログラムによって特定のエラーに関する情報およびコンピュータの IP アドレスが収集されます。新しいヘルプ情報が利用可能になると、関連する問題が発生しているコンピュータにそのヘルプ情報がダウンロードされます。Office 診断プログラムによって、個人を特定できる情報が Microsoft に送信されることはありません。送信されるのは、更新が必要なコンピュータの IP アドレスだけです。



このポリシー設定を無効にした場合、ユーザーは、Office 診断プログラムから 2007 Office アプリケーションの信頼性を向上させるための更新を受け取ることはできません。



このポリシー設定を未構成にした場合、このポリシー設定は有効になりませんが、ユーザーは 2007 Office アプリケーションの初回起動時に Office 診断プログラムから更新を受け取るかどうかを選択できます。

サポートされるバージョン: Windows Vista 以降
Registry HiveHKEY_CURRENT_USER
Registry PathSoftware\Policies\Microsoft\Office\12.0\Common
Value NameUpdateReliabilityData
Value TypeREG_DWORD
Enabled Value1
Disabled Value0

office12.admx

管理用テンプレート (コンピューター)

管理用テンプレート (ユーザー)